不動産物件の状況と空き家率の増加

不動産物件を購入する場合には、これからの日本の不動産に関係する色々な情報を知っておく必要があります。
例えば少子高齢化ということでは、不動産物件の住まいを購入する状況がどうなるかということも確認をしておく必要があります。
たとえば国内の空き家率というデータもあります。
今の日本では13%ぐらいが空き家だということなので、だいたい10件に1件は空き家ということになります。
それが今後20年で40%ぐらいまで伸びるというデータもあります。
これは予想ということですが、少子高齢化では、当然高齢者が増え、若い人の人口が減るということになるので、多くなることは確かなようです。
とくに地方の人口が少ない地域はますます少なくなり、都市部に人口が集中するようになります。
とくに大都市圏に集まるので、地方の空き家率は高くなるのは間違いありません。
その代り大都市、首都圏などでは需要が維持されるということになります。
空き家率などの情報も知っておく必要があります。

賃貸管理 東京
煩わしい管理は全て弊社が引き受けます

三田市 一戸建て

menu

更新情報

最近では副業として不動産投資を行う人が増えていますが、上手く行けば本業よりも稼ぐことができる場合もあ

副業として不動産投資を行う人が増えている

アパートやマンションなどの賃貸物件の不動産をスムーズに借りたいと考えているのであれば、まずはその物件

不動産の情報を集めるときにできること

不動産を持つことはそれなりによいことのほうが多いです。
どこの、どんな物件を持つのか、というこ

不動産でマンションか戸建てにするのか

不動産売却をすることはもちろん初めてで、何から手をつければ良いかわからなくて悩んだ結果、不動産一括査

不動産の一括査定サイトを利用した感想

Copyright© 不動産 All Rights Reserved.

不動産物件の状況と空き家率の増加